トップ  > 恋愛・結婚  > 親の介護と、時間と金銭問題は、働き方と生き方を考える「きっかけ」なのかもしれません。

親の介護と、時間と金銭問題は、働き方と生き方を考える「きっかけ」なのかもしれません。

40代後半に入ってくると悩みの種になるのが親の介護問題。


両親が健康なときは何の問題もない夫婦関係ですが、どちらかの親に介護が必要になったとき、なにかしら問題が起こるもの。(必ずしではないですが)

 
介護する時間がない、
経済的な援助は難しい、などなど・・・・

 
例えば、旦那様の収入がしっかりしていれば、時間的にも金銭的にも、親の援助はあまり大きな問題は起こらないのかもしれません。
いえいえ、旦那様の収入に頼ればいいという問題ではないのです。

 
これからの日本、少子高齢化は他人事のように思えても、実際は自分事なんです。
 

どちらの親が要介護となったとき、夫婦がお互い共働きでなんとか生計が成り立っている場合。
時間的にも金銭的にも大きな問題となります。
ましてや、40代後半は子育てにお金のかかる時期。
 
 
もし、ご自身が、一人っ子なら、自分がやるしかない。
兄弟(姉妹)が居る場合は兄弟で分担し、負担し合う。
という対応が出てきますが、

 
一人っ子でも自分の生活がいっぱいいっぱいで金銭的にも時間的にも難しい場合はどうしたらいいのだろ?
夫または妻、パートナーに相談したときどんな反応が戻ってくるのだろう?

兄弟(姉妹)がいる場合でも同じである。
二人兄弟なら、二人で半分づつ
三人兄弟なら三人で3分の1づつ
と簡単に答えがだせれば簡単な話しなのだけれども

そうはいかないのが、それぞれの夫婦関係、家庭の経済事情というもの

 
40代後半、晩婚でまだ、子どもが小さくても将来の子どものための教育費や自分自身のための預貯金は必要である。
 

そんな中、親の介護が始まり、時間的に面倒を見ることができない場合は、ヘルパーさんを頼まざるを得ないが、金銭的に厳しい。


例えば、子どもがいない夫婦で共働きだからといえども経済的にそんなに楽でもなく、もしものための将来の預貯金はしておかなければならい。子どもがいないからこその悩みがあったりもする。
 

46~49歳までの平均年収(男女合わせての平均)は466万円
男性の平均年収 633万円
女性の平均年収 299万円
 

詳しくは、40代後半の平均年収はこちら
https://heikinnenshu.jp/kininaru/age46_49.html
そう考えるとやっぱり、夫婦感だけではなく、親も子も経済的な自立は必要なのですね。
(とはいえ、保険屋ではないので、保険が必要と言っているわけではないですよ)
 

会社に勤めていては、収入源は大きくは変わらないもの。
そう考えると、副業だったり、起業を考えるけれども、これはもっと計画的なことが必要です。
 

年金システムが破たんしている日本だからこそ、ここはしっかり考えていかなければならない問題で
お金の使い方、積立の仕方、そして、生き方、働き方は個人でしっかり考えて方向性を出していくしかないのかもしれません。
 

方向性を示してくれるパワーストーンはこちら
カイヤナイトとラブラドライトの好転結界ブレス
 
 
カイヤナイトとラブラドライトの好転結界ブレス
Sサイズ(手首周り15㎝)
カイヤナイトは、冷静な直感力と判断力を高め、さまざまなことをクリアにしてくれるでしょう。人生の岐路に立ち、決断が必要な時は持ち主様を導いてくれると言われています。カイヤナイトとラブラドライトを組み合わせることで、さらに、思考をクリアにし、才能開花させてくれるでしょう。
★仕事を変えたいときや、目標達成したいときにおススメです。
※持つ方によって現れる効果が違いますので、詳しくはメッセージにて問い合わせください。
※サイズ変更も承っております。サイズによって若干お値段が異なりますのでご相談くださいませ。
 
 

無料メール相談はこちらから→

無料メール鑑定はこちらをクリック
 




あなただけのオリジナルブレスをご希望の方は、下記からお問い合わせください。

オリジナルブレスお申込み 

 

とぱーず

〒 104-0028

東京都中央区八重洲2-4-10 第一幸田ビル5F

TEL:090-4615-6353

1日3つで!運気アップ
メールマガジン

人生を変える!意思を、石に宿す。
パワーストーンショップ 
とぱーず

ご登録はこちら
▼▼▼

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須